ハウスクリーニング用品卸 カンカンハウス

フローリング床 ワックス剥離用品

ドライメンテナンスでいつもピカピカな床を!

ドライメンテナンスの特長

ドライメンテナンスの管理フロー

塗布時に【ワックスに熱を加え被膜を強化】し、日常管理は【除塵・研磨(バフィング)】。
定期清掃(1〜3ヶ月)にて【表面洗浄後にワックス再塗布】。はく離期間は1〜2年と大幅に
延長されます。

こんなメリットがあります。

  • 光沢感が得られるので、クリーン感や高級感が漂います。
  • 数日に一度、高速バフィングをすることで光沢感が維持できます。
  • 日常のお手入れが楽で洗浄やハクリ作業が少なくなります。

ドライメンテナンスの手順

1.安全な作業のために

ワックスのハクリ作業は滑りやすく非常に危険ですので、清掃場所に人の出入りがある場合には、「清掃中パネル」などで一般人に注意喚起するようにしましょう。
また、作業者が滑らない様に「滑り止め靴カバー」なども合わせてご使用ください。

その他の清掃中パネル

すべらねっと
すべらねっと

プロテックペタサイン
プロテック
ペタサイン

2.表面の細かいゴミや埃を取るために掃除機をかけます。

床表面のゴミ、ホコリをしっかりと取り除く為に掃除機をかけて下さい。特に洗浄に支障がなければ、この工程は省略される事もあります。

その他の業務用清掃機器

ニルフィスク VP300 ECO
ニルフィスク
VP300 ECO

日立CV-G1
日立
CV-G1

3.養生します。

作業をしない部分や家具、幅木にマスキングテープなどで養生します。

養生テープ
養生職人
50mm×25m

養生テープシート付
テープ付防汚シート
55mm×25m

4.はく離剤を塗布します。

通常のワックスが塗られた床には普通タイプの剥離剤で十分です。
厚塗りで長年ハクリをしていない床、ウレタン剤入ワックスを塗布した床、
ドライメンテナンスした床の剥離には強力〜超強力タイプをオススメします。
一般タイプですと繰り返しの作業が必要となります。

その他のモップ関連商品

プロテック フリーハンドル タッチワン アルミ伸縮
プロテック フリーハンドル タッチワン アルミ伸縮コンドル糸ラーグE-8

5.はく離(洗浄)します。

数分すると古いワックスが溶けだします。剥離剤が乳白色になったらポリッシャーにフロアパッド(黒か茶)を取り付けて剥離します。ポリッシャーがとどかない隅やはがれにくい場所にはハンディパッドホルダーにハンディパッド(黒か茶)を取り付けたものや剥離用ブラシ、剥離用ケレンがおすすめです!

ポリッシャー/パッド/ブラシなど

その他のポリッシャー

6.汚水を回収、水拭きします。

吸水バキュームなどで汚水を回収します。狭い範囲なら水切りドライヤーが小回りが利いてよいでしょう。その後、水拭きを行ってください。ノンリンスタイプの剥離剤が多いですが、床にリンスをご使用いただくとpH値が落ち着き、ワックスの塗布性や密着性が良くなります。廃液処理にお困りの場合には中和剤がお役にたちます。

7.十分乾燥させます。

乾拭きをして良く乾燥させて下さい。送風機を使用するのもよいでしょう。養生テープを剥がして終了です!上からワックスを塗る場合は1日以上の乾燥がオススメです。

その他の送風機

リンレイパワフルファンボックス
リンレイ パワフルファン
ボックス

▲このページのトップへ

カンカンハウス

Copyright(C) KANKANHOUSE. SINCE 2003